子宮のがん治療と妊娠についての情報サイト

赤ちゃんが欲しいと思っている女性が卵巣がんや子宮がんだと医師から告げられたとしたら、「子供を生むことを諦めなければいけないのだろうか」と、押しつぶされそうな不安と混乱で頭がいっぱいになってしまう方がきっと多いことでしょう。たしかに、卵巣や子宮を全て摘出してしまうことになれば、妊娠・出産することは難しくなってしまいます。 でも、がんのできた部位や進行の状況によっては、卵巣や子宮などを残し、妊孕能(妊娠する能力)を温存する治療を受けられる可能性があります。 このサイトでは、医師監修のもと、妊孕能(妊娠する能力)を温存するためのがん治療方法を紹介します。

【監修】安藤 正明 先生 (倉敷成人病センター院長、日本産科婦人科内視鏡学会 常務理事)

妊娠する力(妊孕能)について知ろう

妊娠する力(妊孕能)を残す治療について知ろう

子宮のがんについて知ろう

子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード

子宮がん治療と妊娠についての冊子(.pdf)を無料ダウンロードできます。

協賛企業一覧