妊娠する力を残す

妊娠する力「妊孕能」を残す治療はある

昨今のがんの治療は、「何が何でも病気を克服することが最大のゴールである」という従来の考え方から、「治療はもちろんのこと、患者さん個々の生活の質(QOL=Quality Of Life)を保つことも重要な要素である」という考え方に変ってきています。

これはもちろん、子宮がん治療にも当てはまります。従来は、病気を治すことが最優先で、妊孕能への配慮には目をつぶらざるおえない状況でした。特に若い女性の患者さんに対するがん治療は、個々の状態よっては、子宮・卵巣の機能不全や喪失によって、将来子供を持つことが困難になってしまうこと(妊孕能の廃絶)があります。その結果、患者さんは「がん治療」か「妊娠」かの選択に迫られてしまいます。

しかし最近では、医療技術の進歩によって、ある一定の制限はありますが、妊孕能温存が期待できる様々な治療が実施されるようになりました。

【監修】安藤 正明 先生 (倉敷成人病センター院長、日本産科婦人科内視鏡学会 常務理事)

子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード

子宮がん治療と妊娠についての冊子(.pdf)を無料ダウンロードできます。