卵子冷凍保存

凍結保存はまだ発展途上

卵子よりも受精卵の凍結保存のほうが、妊娠率は高いとされています。最近では卵巣を組織ごと凍結保存して、がん治療の終了後に再度体内に移植する技術も確立されつつあります。

しかし、これらの方法は近年の新しい技術としてまだ発展途上であり、実施機関も少ない上に、標準的な方法としての認識としては少なく、料金体系も病院やクリニックによって異なります。

【監修】安藤 正明 先生 (倉敷成人病センター院長、日本産科婦人科内視鏡学会 常務理事)

子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード子宮がん治療と妊娠BOOK無料ダウンロード

子宮がん治療と妊娠についての冊子(.pdf)を無料ダウンロードできます。